卒塾生再び

24年度生たち
24年度生たち

こんにちは、黎明塾のきたです。

 

先週から卒塾生が何名か来ていました。

彼ら彼女らの目的は・・・テスト勉強!

今週はどの高校でも中間テストがあるようです。

「チェバの定理」なんて言葉久々に聞きました。

数Aの知識なんてもうほとんど飛んでしまっているので、生徒の教科書を見ながら解説。

教科書を見ていたらなんだか懐かしい気持ちになりました。

いいなあ、高校生・・・なんて。

でも戻りたいかって言われたら答えはNO!!ですね。

なぜかといえば、今の方が充実していて、生きていると感じられるから。

いろいろな生徒に出会い、共に悩み、その成長を共に喜び、彼らの人生に関わって、

「この塾に来て良かった」と言ってもらえる幸せを手にしているんですから。

もちろん苦しいときもあります。

塾人としてこの場でこんなことを言うのはどうかと思われるかもしれませんが、

生徒のことを前向きに思えないときだってあります。

気持ちが伝わらないときだってあります。

でも、そんな生徒が少しずつ変わっていくんですよね。

その姿を見れば、それまでの坂道も愛おしく思えるものです。

先週、ある生徒がSTUDY NOTEに「数学っておもしろい!」って書いていました。

その生徒は4月に入塾した生徒で、勉強の仕方が全然分からない状態でした。

そんな生徒が、宿題に一生懸命取り組んで、勉強を面白いと感じてくれた。

それだけで、その子のことが大好きになりました!単純な人間ですね。

でも本当に嬉しくて、私も頑張ろうって思えちゃうんですよね。

なんの話でしたっけ?

そうそう、卒塾生だった。

明日も来るって言ってました。

なので、塾お休みの日ですが、開いています。

現役塾生も来てもいいですからね。

 

それではこのへんで。