恩師

カンノーリというイタリアのお菓子
カンノーリというイタリアのお菓子

こんにちは、黎明塾のきたです。

本日は、テスト前講習を朝の9時から開講しております。

で、本来は土曜の通常指導が18時からあるのですが、

わたくしお休みを頂きまして、社交に出かけたいと思いまして。

土曜の指導のご家庭にはご無理を聞いて頂き申し訳ありません!!

 

何をしに行ったのかというと・・・

大学時代に私の卒業論文の指導教官だった教授が、

ささやかではあるが卒業祝いパーティーを開いてくださるのです。

大学時代は大変お世話になった恩師ですから、是非とも出席致したく、

18日土曜日の夜は休業と相成ったわけでございます。

 

この教授、只者ではないんです。

もう齢六十を超えますが、見た目は五十前半・・・いや、もっとかも。

いつもブルガリの香水を付け、いい香りを漂わせておいでです。

なんか変なイメージを持たせてしまいましたか?

いやいや、ここからがすごいところです。

東京の大学時代に書画を専攻していた先生は、

書画の改革をするべく、絵画の研究をしにイタリアへ渡ります。

そして、人生を変える一枚の絵画に出会い、ルネサンス絵画の研究の道へ進みました。

イタリアのフィレンツェ大学を卒業後はイタリアで研究職に就きました。

しかし、イタリアで生まれたお子様が日本語を上手く話せないことを危惧した先生は

日本へと帰国する決意をしました。 (冗談なのか本気なのか?)

そして、金沢大学の助教授となり、

現在の金沢大学人間社会・・(長いので省略)・の教授をなさっています。

イタリア生活が長いので、きれいな女性を見ると親指を立てて「ナイス!」という表情で

笑顔を見せるなんともフランクな先生です。

数々の研究プロジェクトと立ち上げ、

イタリア文化庁と金沢大学との国際貢献プロジェクトの指揮も執っておられます。

長々書きましたが、つまりは大尊敬する恩師ということです。 

 

そんな恩師の奥様が作られたイタリア料理をご馳走になってきました。

イタリア菓子のレシピ本まで出版されている奥様の料理は、

どれもお洒落で非常に美味でございました~

普段食べる機会があまりないオリーブの実をこれでもかって程食べてきました。

オリーブの実はお肌に良くて、美味しいのですが、あまり売ってないんですよね~

そんなこんなでダイエッターであったことを忘れて、

暴食の限りを尽くしてきてしまいました。

 

他の卒業生たちの進路を聞いていると、7割公務員でした!!

「市役所」の人が多いこと多いこと!

やはり人気ですね、安定の地方公務員。

地方国立大学出身者の就職先は、地方公務員・地方銀行が鉄板のようです。

しかし定時で帰って、土日は休み♪のイメージがある公務員ですが、

その実はどうも違うようです。

「明日は日曜日だけど仕事~」やら「残業で毎日23時帰宅」などという声が・・・。

公務員も配属された部署によっては、大分忙しさが違ったりもするようです。

 

話がズレにズレました!

恩師に会い、アカデミックな話から近況報告まで様々な話をし、

とても刺激を受けることができ、月並みですが「明日からもがんばろう!」と気持ちを新たに

27日のテストまで生徒とともに走り抜く英気を養うことができました!!

みんな、ともにがんばろう!!

日曜日のテスト前講習には10名が参加予定、楽しみです!!