ラマダン

ブルーモスク
ブルーモスク

こんにちは、黎明塾のきたです。

 

イスタンブール二日目。

考古学博物館は歴史好きの私にとっては垂涎の場所でした!

素晴らしいギリシャ彫刻の数々!

アレキサンダー大王のレリーフは、これが二千年以上前に作られた物であることが信じられない程精巧かつ美しかったです。

ヘレニズム期の彫刻は、古代ギリシャの文化が頂点に達していたことを見た人全てに感じさせる肉体美を精巧に表現していました。

圧倒的な数の傑作を一度に見られるなんて感動でした!

 

 

ところでトルコは現在ラマダンの真っ只中。

イスラム教徒の皆さんは夜明けから日没まで何も口にしません。

それを30日間続けるのです。

そして、日没後には毎晩お祭り。

写真の様にモスクはライトアップされ、ラマダンのお祝いの言葉を記した電飾が煌々と光ります。

そして、広場やテラスに集って家族や仲間たちと夕食をとるのです。

方々でトルコ音楽が演奏され、とてもエキゾチックな雰囲気でした。

 

 

それではこのへんで。