後悔のすゝめ

こんにちは、黎明塾のきたです。

 

9月より通常指導を再開し、何名かの新しい生徒も入り、

気持ちを新たにして「よしっ、がんばるぞー」と張り切っています。

前向きな気持ちの裏には常に、

置いてきた過去の負債があるのではないか、と思います。

常にハッピーでポジティブで歩みを止めることのない人間などいません。

誰しも振り返れば、その人生には喜びもあれば、

それと同じくらい、いえ、それを超えるだけの苦難があるものです。

中学生であれば、それが狭い社会の厄介な人間関係。

中学生にとって学校が彼らの世界の全てであり、

苦しい中学時代は永遠に続くかのような錯覚に陥るものです。

大人になるにつれて、挫折や喪失という経験を重ねていくことでしょう。

「禍福はあざなえる縄の如し」とは上手く言ったものだなあとつくづく思います。

これを言うと、近しい友人に

「いや、塞翁が馬でしょ。」と返されました(笑)

似て非なる二つの故事成語ですが、

自省することの多い私には「禍福~」の方が合っているなあと思うのです。

 

塾講師をしていて常に忘れることのないことは、「昔の生徒たち」です。

もちろん、卒業まで教えた生徒たちのことは、

性格はもちろん、得意不得意、躓いた問題の傾向まで覚えています。

あっ、でも皆、クイズはやめてね(汗)

私がここで言う「昔の生徒」には途中で辞めていった生徒も含んでいます。

彼らのこともまた、忘れたことはありません。

18歳で家庭教師を始めてから、何人になるだろう。

全ての生徒たちを走馬灯のように思い出し、

あの時の自分は正しかったのか、何と言えば生徒の心に私の言葉は届いたのだろう、と

自問自答しながらこれまで教え続けてきました。

彼らとの出会いは、今の生徒たちを教える糧となり、

彼らのおかげで今の自分があると思っています。

でも、時にとても苦しい気持ちになります。

彼らは私に様々なものを残してくれたけれど、

私は彼らに何を残せただろう、

精一杯彼らと向き合えていただろうか、

もっと私にできることがあったのではないだろうか、

あの時の私は何と未熟で浅はかであったのだろう、

あの時の私は彼らにとってベストであったのだろうか、

私との出会いが彼らの人生にとって善いものであれただろうか、と。

しかし、過去は変えられない。

だからこそ、今私の目の前にいる生徒たちに、

彼らから学んだ全てを注いで、精一杯向き合いたいのです。

私にとって、前に目を向け続けるために、後悔を負い続けることが必要なのです。

・・・矛盾?かもしれません。

過去を振り返り続けることと、前向きでいることは真逆ですね。

う~ん、困ったな・・・。

でも、私の中では成り立っちゃっているんですよね。

過去の全ての出来事が今の私を作ってくれているのだから、

その出会いに感謝せずにはいられませんし、今を精一杯生きたいと思えるのです。

 

ところで、今日4日は兄の命日。

朝から予備校の授業があるので、

終わってから母を誘ってお墓参りにでも行こうかな。

山の中にあるので、虫除けスプレーを忘れずに行かなくちゃ。

 

それでは、このへんで。