秋の遠足報告

こんにちは、黎明塾のきたです。

 

13日に行ってきました「秋の遠足」のご報告です。

この遠足、9月末にあったテストで

目標点をクリアした生徒を

連れてのご褒美企画でした。

行先は長野県の戸隠。

紅葉が見ごろかなあと期待しつつ行きましたが、

うっすら色づいていて、見ごろまでは

残念ながら、あと一歩といったところでした。

子どもたちは

「花より団子」ならぬ「もみじよりそば」状態でしたが(笑)

 

 

連休のど真ん中というだけあって、

関東からも北陸からも人が集まってきているようで、

なんのせものっすごい人・人・人!

戸隠神社の中社のえらい手前から渋滞がずら~っと。

時間があれば行くつもりだった民俗館なども飛ばして

とりあえず戸隠そばを食べに。

ここでも行列で待ち時間が発生しましたが、

お店の方がサービスでそば団子やらそばのお菓子などを出してくださり、

そばも大変おいしく、子どもたちも満足した様子。

店を出て向かったのは

その名も「ちびっこ忍者村」!

な、なんと!!

忍者修行をして、水の上を走ることができるようになるという施設です!

・・・というのは冗談で、

からくり屋敷や手裏剣などを体験できる忍者テーマパークです。

実はこの忍者村に幼い頃、来たことがある私。

親戚のおじちゃんに池に落とされて

貸衣装で着ていたピンクの忍者服がびっちゃびちゃに。

忍者服を着てうっきうきだった私が、アラサーとなった現在までも

その恨みを忘れられないほどショックを受けた出来事でした。

まあ、そんなことはどうでもよくて。

忍者村に着いた生徒たちは

それぞれ手裏剣や吹き矢を体験したり、

からくり屋敷で迷子になったり、

水グモの上でへっぴりごしになったりして

思い思いに楽しんでくれたようです。

がんばったごほうびになったかな?

 

 

しかし、もやもやするのは、参加できなかった生徒たちのこと。

じゃあ彼らがテスト勉強をがんばっていなかったか?

目標をクリアできた生徒とできなかった生徒がした努力に何か大きな差はあったのか?

正直なところ、

中3の生徒を除いて、

1・2年の生徒たちを比べてみても大きな差があるようには思えない。

もちろん、一部例外はあるけれど。

その例外の子とはもう個別に話をして解決済みだが。

ご褒美企画自体は成功だとしても、

ご褒美を与える対象設定は失敗だったかもしれない。

がんばったのに点数が足りなければ評価するに値しないのか?って言われれば、

私は声を大にして「それは違う!」と言うのだから。

 

そもそも今年は夏休み恒例の遠足に行けなかったので、

その代替として考え付いた遠足。

だから、このご褒美企画は最初で最後。

 

そこで!

指導、宿題、遅刻の有無、忘れ物の有無等をテスト前に限らず、総合的に評価し、

定期テスト後にご褒美企画を行うことにします。

テスト前だけがんばりゃいいんでしょっていう意識でやってる生徒が

出ないようにするためにも、普段から緊張感を持ってもらうためにも、

「継続は力なり」を徹底するためにも。

どういうふうに評価したりするかは、後日塾でお知らせします。

 

 

それでは、このへんで。