ダヴィデ

ダヴィデだぜ~(複製)
ダヴィデだぜ~(複製)

こんにちは、黎明塾のきたです。

 

今年は全然雪が降らないなあ~・・・と

思っていたら降るんですよね(笑)

油断してました!

 

入試まであと一ヶ月をきりました。

今年の生徒たちも素晴らしい生徒たちでした。

あっ、終わったような語りになってますが、まだですけどね。

あと一ヶ月で終わってしまうと思うとさみしいなあ、と。

この子たちがいたから心が苦しいときも踏ん張れたので、

卒業してしまったら

私が燃え尽き症候群になってしまうんじゃないだろうか(笑)

私立は無事皆合格したので、あとは公立に向かって突き進むのみ!

ゴリアテを倒したダヴィデのように

勇敢に立ち向かおうではないか!!

う~ん、喩えがいまいち。

まあ、三年生には伝わっているだろうから大丈夫。

 

 

ダヴィデとゴリアテの話で思い出しましたが・・・

皆さん「TED」ってご存知ですか?

最近深夜にNHK教育でも「スーパープレゼンテーション」という番組名で

放送しているみたいなので見たことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

TED (Technology Entertainment Design)とは、

アメリカのカリフォルニア州ロングビーチで年に一回、

大規模な世界的講演会を主催しているグループのことで、

その講演会では、科学・医学・エンターテイメント・芸術からスピリチュアル系など

様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なっています。

講演者には、

ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル賞受賞者)、

ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)などの著名な人物から、

一般的には無名な人物まで選出されています。

 

堅苦しく説明するとこんな感じです(笑)

TEDはそのプレゼンの動画を無料で配信しており、

インターネットで簡単に

世界中の各分野のエキスパートのプレゼンを見ることができます。

しかも!

1つのプレゼンの長さが長くても20~30分なので、

ちょっとした暇を利用して見ることができます。

で!

一番大事な点が、おもしろい!!!ということ。

ユーモアを交えて、難しい専門的な話題を素人にも分かりやすく話しているので

「講演」と聞くと「退屈」とか「眠い」とかいう言葉が思い浮かぶ人でも大丈夫!

おもしろくって勉強になるって最高じゃないですか?

プレゼン自体は講演者が外国人の方々なのでもちろん言語は「英語」です。

「じゃあ、見ても何言ってるかわからないじゃん」と諦めないで!

日本語字幕を付けてある講演が1200以上ありますから、

その中にはきっと興味のあるテーマもあるでしょう。

英語の勉強にもリスニングの勉強にもなりますよ。

 

話を最初に戻すと、

なにゆえダヴィデとゴリアテでTEDを思い出したかというと、

TED中に

実はダヴィデはゴリアテにとって格下の相手ではなかった!!

という衝撃の事実に関するプレゼンがあり、

ミケランジェロのダヴィデ像を歴史の教科書などで見るたびに

「ダヴィデがこんな筋骨隆隆?!すごい作品だけど話盛ってないか?!」なんて

思っていた私としては衝撃的なプレゼンだったわけで(笑)

 

とまあ・・・是非TED見てみて下さい!

ちなみにスマフォのアプリにもあります。

気軽に見れますので、大変おすすめしております。

特に高校生の英語のリスニングが燦燦たる結果だった皆さんとかには

超絶おすすめです。

この前教えた英単アプリもおすすめですが、こっちも是非。あ、でもテスト後にね。

 

 

それでは、このへんで。