合縁奇縁

「びっくり!!」
「びっくり!!」

こんにちは、黎明塾のきたです。

 

先日不思議な出来事がありました。

たま~にあるんですよね、巡り合わせみたいなものが。

今日はそんな合縁奇縁について。

 

このブログで数度話題にしたことがある、兄の友人のS氏。

年に一、二回くらいしかお会いしない方なのですが、

先日突然電話があり「今日ひま?飲みに行かんけ?」とのお誘い。

集合すると、他に二人お仲間がいました。

おおっ、六、七年ぶりのP氏とH氏ではありませんか!

彼らもまた兄の友人で、S氏とは小学校時代からのご友人。

P氏もH氏も兄との交流はごく短い期間だったにも関わらず、

とても兄のことを大好きになってくれた人たち。

で、H氏の婚約者も交えて5名で昔話に花を咲かせていたわけで。

ここで話が終わ・・・らないんです!

 

その後、H氏と婚約者さんは帰られ、

場所を変えようか、ということで私、S氏、P氏でとあるロックバーに行きました。

なぜそこに行ったかというと、

以前私が友人とたまたま入ったお店で、マスターがとても面白い方だったこと、

皆ロック好きで、兄とS氏、P氏、H氏の4人でバンドをしていたので。

到着して、お店の名前を見てP氏が一言。

「なんか見覚えがある名前だな・・・」

店に入ってP氏が気付いた!!

「ここのマスターって、前に4人でしてたバンドで出たライブの主催者だった人!!」

すると、S氏の記憶も呼び起こされ・・・「まじでっ?!ほんとや!!」と。

さらに、そのライブに私も見に行っていたんです!!

このことをマスターに話すと、

マスター「そのライブに出てたあるバンドのボーカルの子で面白い子がいてなあ、

     自分のところにやって来て、ライブでセッションさせてください!って

     言うからセッションしたらすごい良くてなあ、オリジナルで

     こいつすごいじゃんって思ってたんだよ~

     そんときやった曲がKnockin'On Heaven's Door(天国への扉)で・・・」

S氏「・・・あの、それうちのボーカルです」

私「・・・で、私の兄です」

・・・一同衝撃で固まりました(笑)

マスターと一緒に歌っていた“Knockin'On Heaven's Door”、

今でもはっきり覚えています。

だって、すごく感動して、めっちゃいい曲やん!!って思ってましたもの。

まさかのご縁!!

マスター「そのライブの後、半月後くらいにあんなことがあったやろ・・・

     あの時もっと話しておけばよかったとか思ってて・・・自分の中で

     後悔してるところがあったんやってなあ、だからあの時のライブの

     仲間が年1回店に来るときは必ずKnockin'On Heaven's Doorを

     歌っているんだよ、追悼みたいな感じでさ。」

なんだか・・・すごい・・・。

こんな言葉しか出ないくらいの衝撃で、

8年か9年も前の出来事を覚えていて、その1回しか会っていないのに

兄を思ってくれている人がいるなんて嬉しい。

色々兄の思い出やライブの思い出を話し、

更には盛り上がったS氏(元ドラマー)がドラムを叩き出し(笑)、

P氏(元ギタリスト)がギターを弾きだし、マスターもギターを弾きだし、

即興でセッションが始まりました。

歌はもちろん・・・Knockin'On Heaven's Doorではなく(笑)

P氏がもう運指を忘れて弾けないので、

The WhoのPinball Wizardを!私も兄も大好きな曲です。

 

本当に不思議なご縁、あるものだなあ、と。

こういう不思議体験、久々にしたので驚きました。

懐かしいやら嬉しいやら、とても温かい気持ちになった夜でした。

 

それでは、このへんで。