はじめまして、山本です。

 

はじめまして、黎明塾進学コースの理系を担当しております、山本です。

 

これまで杜の里で小・中学生を指導しながら、黎明塾で高校生の指導を文系のきたと理系の私で共同で行っておりましたが、今年度から小中学生においても黎明塾で進学コースを開講し、文理に分かれて指導致しております。

 

 

 

こうして一緒に進学コースを開講することになったのは、2人が大学生の時にアルバイトをしていた家庭教師の会社が同じだったことがきっかけです。

 

当初は家庭教師だったので、講師同士の交流はあまりありませんでしたが、高校・大学が同じで頑張っている講師がいるとお互いに聞かされ、それからは良いライバル同士でした。それぞれが切磋琢磨していく中で、お互いの得意分野・苦手分野(科目に限らず、生徒の伸ばし方等)が見え、それを上手くいかす方法として今回のコラボが実現しました。

 

 

 

典型的な文系と理系というだけでなく、あまりに性格や挙動が違うので生徒はそれを見て楽しんでいるようです。勿論、仲が悪いという意味ではありません(笑)。結論が同じで、過程が違うということが多い気がします。

 

例えば、何かものを伝える時にも、文系の喜田は文章で、色々な例えを交えながら説明します。理系の私は図や表を用い、端的に、簡潔に伝えようとします。

 

ものの見方や考え方は大きく違いますが、勉強にも価値観にもこれが正解というものはありません。生徒はその中で広い視野で物事をとらえ、何事も主体的に判断・決定出来るようになってほしいと思います。

 

 

 

また、それぞれが得意分野としている教科を指導することで、生徒がただ受験に必要な「科目」として勉強するのではなく、知的好奇心や学ぶ喜びを味わえるようになることが私たちの目指すところです。

 

 

 

今回は初回なので、きたを交えて簡単に自己紹介を…

 

 

 

    きたとの共通点

 

  • 年齢、性別、出身高校、大学、塾講師としての出発点、講師歴

  • かなりのねこ好き(多分人よりねこの方が好き笑)

  • ドジといわれる

  • 人見知りをする(大人に対して)
     

            きたとの相違点

  • 性質的に人からよく、きたは犬、私は猫といわれる

  • きたは文章を書くのが上手、饒舌、私は文章を書いているといつの間にか箇条書きやら表になってしまう

  • きたは飲み込む、私ははっきり言う

  •  きたは左利き、私は右利き

 

…伝わりづらいでしょうか?早速箇条書きでお届けしてしまったのですが…

 

まぁそんなこんなで凸凹コンビで文理に分かれて指導を行っております。

黎明塾に来て頑張りたいという人はぜひ☆