なぜを大切に

 

こんにちは、黎明塾進学コースの理系担当、山本です。

 

 

 

先日高校生の数学や物理を指導していて感じたこと。

 

これは中学生にも言えることですが…

 

「覚えようとしすぎ!!」

 

 

 

数学や物理はただ覚えても意味がない。

 

公式をその意味を理解せずそのまま使っていても解く楽しみは得られず、覚えて書くという作業に終始することになるし、ましてや応用問題なんて解けるわけがない。

 

大事なのは導き方。どうやってその式が作られたか。

 

 

 

式に限らず、理系教科全般にいえることですが、「なぜ」を大切にしなければ、一つ一つがつながらず、まとまりの無い知識になります。それぞれの関係性を理解せず膨大な量を暗記するのには限度があります。

 

しかし、公式の出来かたやなぜそういう結果になるかを理解すれば、それをもとに自分で公式を作れるようになります。忘れるということは、その公式の理解がどこか欠けているということ。忘れる度に公式を覚えなおすのではなく、毎回面倒でも導きなおす。そうすれば、テストで万が一公式を忘れてしまっても慌てずに済むし、丸ごと忘れることも無い。

 

中学生や高校生でテストの時に頭が真っ白になったという言葉を聞いたことがあるが、それは緊張どうこうではなく結局理解せずただ暗記していたということの証明に他ならないと思います。

 

 

 

私は数学科だったので、大学入試や大学の試験では、2行ぐらいの問題文1つに対してA3用紙1、2枚の証明が必要でした。その全てをただ覚えるのは不可能だと思います。

 

少し極端な例かもしれませんが、数学に限らず高校、大学と進んでいくにつれ、記憶力にたよる勉強の仕方ではついていけなくなります。

 

 

 

また勉強の内容に限らず、宿題のやり方にしても、生活においても「なぜ?」と、問題の根本を考え具体化できるようになることはとても大事です。

 

 

 

何かに失敗してしまったときも、失敗して悲しいとか、自分には能力がない、運がない等他に原因を求めていてはいっこうに改善は望めません。

 

むしろ失敗は成功に必要な過程だと考え、なぜ失敗したのか、どこが悪かったのかを自分で丁寧に見直しながら1つ1つ確かめていく必要があります。いわゆるPDCAサイクルですね(Plan Do Check Action)。

 

 

 

中学生は、周りと比べて、前回と比べて、勉強時間に対して、テストの結果が悪くなるとただ落ち込んでしまうことも多いかと思います。今、周囲の私たちが一緒に原因を探る過程を共有することで大人になった時にどう動けるかが決まっていくと思います。

 

急がば回れ☆

 

 

 

それではこのへんで。