本質的自由

こんにちは、黎明塾のきたです。

 

夏期講習が始まってから滞っていたブログの更新をここ数日でバタバタとしました。

それも旅行記で(苦笑)

そろそろ真面目な話でも載せとかないと、と思いまして。

 

生徒たち、夏期講習よく頑張っています。

特に中3生たちはいい雰囲気ですね。

質問の内容も生徒によっては「しっかり考えているから出る質問」になってきています。

下学年の生徒たちは彼ら彼女らの姿を、姿勢をよく見ておくように。

1年、2年先に自分が通る道なのですから。

 

 

話は変わって、外国人の友人とのメールでの一コマを紹介します。

外国人と話していて面白いのは、考え方や感じ方が日本人と全然違っているところ。

よく聞いて、「へ~」と感じるのは「教育」に関して。

子どものしつけ方、教育制度、教育課程などなど。

この話はまた今度紹介したいと思いますが。

今回は、

友人が「働く」ことについて述べた考えが異文化だなと面白く感じたので紹介します。

とりあえず原文も一緒に載せます。

 

What dream is that? Whatever it is, you should reconsider about it. The best things in life do not require so much money. Actually the best things in life, are essentially "free". And if you just work all the time, then you are sacrificing everything, for that "dream". In any case, it's your life.

Also, too much work will keep you away from your feelings, and, from really connecting with someone. You should know that.
And you say "life is short" and "I want to live without regret". How much do you think you are "living", if you just work all the time? In any case, you know best what you want.

(その夢って何?それがなんであれ、あなたは考え直したほうがいい。人生で最良であることはそんなにお金に追われないことだ。いや、人生で最良のことは本質的に自由であることだ。もしあなたがただいつも仕事をしているのなら、それはその夢とやらのために全てを犠牲にしているということだ。いずれにせよあなたの人生なんだけどね。

それで、働きすぎはあなたの感情や誰かとの繋がりからあなたを遠ざけてしまう。それを知っておくべきだ。 

そしてあなたは人生は短いし後悔なく生きたいと言ったけど、もしあなたがただいつも仕事ばかりしているとすれば、どれだけ生きるということを考えているといえるんだ?ともかくあなたは自分の最もほしいものを分かっていると思うけど。)

 

7月は普段の授業に加えて保護者懇談、夏期講習の準備、チラシの作成、

塾外では、大学のレポートの締切、予備校の授業準備と忙しくしていると、

それを見かねた友人が上記のメールを送ってきました。

夢があるから今精一杯がんばれるし、がんばりたいんだ~、

というようなことを言ったので、それに対する返答です。

本質的に自由であること。

私は私の自由な意思に従って忙しくするという選択をしているつもりですが、

選択を強いられているという点で既に自由からは離れてしまっているともいえます。

この友人にとっての人生における優先順位で仕事は大きく下位なのでしょう。

それが正解とも間違いとも思いませんが、

私にとって仕事=人生であり、

自分の仕事が誰か人の人生に良い影響を与えらることが幸せなわけで。

 

悶々としながら書いてたら考えがまとまらなくなってきた・・・。

この話、また今度再び、必ず!逃げじゃあないっす。ただ一呼吸置くだけっす。

 

それではまた。